MENU

『この学校には、弁護士が必要です』2話ネタバレと感想の紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
この学校には、弁護士が必要です2話ネタバレアイキャッチ画像

本記事は、めちゃコミックオリジナル にて出版されているこの学校には、弁護士が必要です』2話のネタバレや感想を紹介する記事となっております!

  • 『この学校には、弁護士が必要です』が広告に表示されて気になっている
  • 『この学校には、弁護士が必要です』を購入しようか迷ってる
  • 内容を見てから購入したい

そんな方にオススメの記事となっておりますので、是非ご覧になってください。

それでは『この学校には、弁護士が必要です』2話のネタバレと感想をご紹介していきます!

※当サイトは完全な紹介サイトではありません。
購入のきっかけになるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

1話を読む 3話を読む

→『この学校には、弁護士が必要です』全話ネタバレはこちらから

1/3まで1話~3話無料

目次

『この学校には、弁護士が必要です』2話:内容

國崎は望月家を訪ねます。

帰ってきた澪は弁護士だと聞くと何かに気がついたようで「放っておいてよ!」と部屋に閉じこもってしまいました。

國崎は「必ず力になる。もう1人で苦しむのはやめるんだ」と声をかけます。

__________

國崎は澪の通う学校も訪れます。

学校長や担任に話を聞きますが「いじめがあれば生徒は言います。言わないってことはいじめはないってことなんです」と、話になりません。

「学校は学校で精一杯やってますよ」

「精一杯と言うのには、生徒の本当の声を聞くと言うのは入らないんですか?」

問題が起きたのなら隠すのではなく、外の力に頼ればいい。なぜそれが出来ないのかわかりませんねと國崎。

「弁護士先生に我々の大変さなんて分かりませんよ。我々が子どもの頃と違ってビンタ一発出来ないんですよ!」

「先生。ここは法治国家なんです。手でひっぱたけないなら法律でひっぱたけばいいんですよ」

学校長と担任は目を見張ります。

「この学校には弁護士が必要です」

と國崎は伝えるのでした。

『この学校には、弁護士が必要です』2話:感想

國崎と澪の対面の回となりました。

澪が本当に心を開いてくれたかは分かりませんが、國崎は学校でも話を聞きに出向きます。

いじめに立ち向かおうとしない学校側に、國崎は辛辣です。

そしてタイトルの回収の決め台詞が出ましたね。

手でひっぱたけないなら法律でひっぱたく…とは具体的にどのようなことになるのでしょうか?

次回の展開が待ちきれませんね!

『この学校には、弁護士が必要です』2話を無料で読む方法

この学校には、弁護士が必要ですを無料で読めないか調べたところ、

めちゃコミックで
1話~3話無料

となっています。

2話はコミックシーモアにて、1月3日まで無料で配信されています!

ご興味あるある方は、ぜひこの機会に『この学校には、弁護士が必要です』をお得に読んでみてはいかがでしょうか。

『この学校には、弁護士が必要です』2話の内容と感想をご紹介:まとめ

『この学校には、弁護士が必要です』2話のネタバレ・感想をご紹介させていただきました!

内容を軽くまとめますと…

  • 國崎は澪に会いに来ました
  • 学校も訪れる國崎弁護士
  • 学校はとことん隠蔽体質のようで…?

となります!

省いている内容がございますので、ご興味がありましたら購入してお楽しみください!!

  • 生徒たちにスマホを持つことを許可したらどうなったかと言う学校長の説明
  • 担任の先生は何かに気がついている様子で…?

を省いております!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

1話を読む 3話を読む

目次