MENU

あざと可愛い×くんの執着サド交尾は本物です全話ネタバレ!SNSで会った相手に壊れるまで…

当ページのリンクには広告が含まれています。
あざと可愛い×くんの執着サド交尾は本物ですネタバレアイキャッチ

この記事では「あざと可愛い×くんの執着サド交尾は本物です」の全話ネタバレを紹介しています!

被虐性壁のある主人公と加虐性癖のあるSNSの相手が出会ったら…。
壊れるまでプレイは続いて!?

そんなあざと可愛い×くんの執着サド交尾は本物ですですが、購入する前に中身を知っておきたいですよね。

ということで、この記事ではあざと可愛い×くんの執着サド交尾は本物です全話ネタバレをご紹介していきます。

\5/23まで220円→154円

1話2話
(完結)
2024年5月5日現在

あざと可愛い×くんの執着サド交尾は本物ですを無料で読む方法

目次

あざと可愛い×くんの執着サド交尾は本物ですのあらすじ

「ばつ君」と出会ったのはSNS。

被虐性癖がある私の裏アカをフォローしてきたのが
加虐性癖を持つばつ君だった。

何度かDMでやりとりをして実際に会ってみたけど…
思ってたより大人しくて可愛い感じ。
いじめるのが好きな感じには、全然見えない。

結局、ただカフェで長話をしただけ。
タイプじゃなかったんだろうな。しょうがない。
そう思って帰ろうとしたら……

「あ、あの今日…セックス…って…」

困ったような表情に、上目遣いでばつ君が聞いてくる。
か、かわいい。反則でしょ。
性癖も噛み合ってるし、今更断る理由もない。

けれど、ばつ君が豹変したのはホテルに入ってすぐのこと。

「…その、プレイ…ってさ、
跡がつかなければ何しても大丈夫なんだよね…?」

「僕、首絞めるの好きなんだけど、いいかなあ?」

突然首を絞められて、苦しいって言っても手加減なしに攻めてくる。
さっきまであんなに大人しくて可愛かったばつ君の執着交尾は、私が壊れるまで続いていってーー……

引用元:コミックシーモア

あざと可愛い×くんの執着サド交尾は本物ですのネタバレ一覧

1話2話
(完結)
2024年5月5日現在

\5/23まで220円→154円

あざと可愛い×くんの執着サド交尾は本物ですネタバレ1話

被虐性癖を曝け出したアカウントを持っている主人公のかなめは、そのSNSで声をかけてきたばつ君と初めて会って

(想像と違って可愛い感じだな…本当にSなの?)

と感じていた。

というのも、ばつ君は加虐性癖があるということで声をかけてきたからだった。

ひとまずカフェに入ると、おずおずとした様子で

「かなめちゃんってどこまでしても大丈夫なの?」

と聞いてくるばつ君。

いじめっ子らしくないキラキラした表情でかなめの性事情について尋ねてくるが、今日致すような雰囲気もなく会話は終わり、カフェを出ることに。

(仕方ないからもう帰ろう)

と思ったかなめだったが、ばつ君はその気だったらしく、熱い瞳で見つめてくる。

結局2人はホテルに向かうことになった。

シャワーを浴びて出てきたかなめがばつ君のいるベッドに向かうと、

「跡がつかなければ何しても大丈夫って言ってたよね?」

と確認され、突然首を絞められる。

かなめはあまりに大きく力強いばつ君の手による首絞めで全身に痺れが走り、イキながら失神してしまった。

目を覚ますと、首締めだけで相当濡れていたようで、すぐに挿入。

「可愛すぎてイライラする…」

と言われながら前戯なしで本番がスタート。

胸をいじめられながら中にも強い衝撃を受けているかなめはイクのが止められず、潮を吹いてしまった。

行為中も強い首絞めでかなめの喉元から

「かひゅ」

っと音が鳴り、あまりの快楽に目がチカチカして心ここにあらずの状態のかなめは、再び大きく突かれたことで意識を取り戻す。

さらに何度もイキながら、もう理性が飛んでしまいそうなかなめに、ばつ君は

「今までのノーマルなセフレとは違って満足させてあげるから、もっと一緒に飛びまくろうね…!

と激しく突きまくって…。

↓広告からの期待を裏切らない本編はこちらから↓

あざと可愛い×くんの執着サド交尾は本物ですネタバレ2話

作成中

あざと可愛い×くんの執着サド交尾は本物ですの感想

試し読みの時点で隠しきれない激しさがある今作ですが、本編は性癖丸出しで加虐性癖のある人にも被虐性癖がある人にも刺さる作品だな…と感じます。

恋愛要素はなく、とにかく欲望のまま行為をする2人ですが、かなめちゃんの乱れる姿が可愛いし、その様子を見るばつ君の表情にも惚れ惚れしますw

首絞めや激しい本番のシーンがずっと続きますが、主人公が苦しそうではなくずっと乱れているので、女の子が嫌なプレイのシーンを見るのが苦手な方にもおすすめです!

1話を読んだら絶対に2話も読みたくなる、個人的にはとっても推したい作品だなと思います。

2人の関係性はどう終結するのか…。

気になっている方はぜひ立ち読み分だけでも読んでみてください!

目次