MENU

ウラトオモテ全話ネタバレ!夫婦仲の改善のために夫が奔走するが…

当ページのリンクには広告が含まれています。
ウラトオモテネタバレアイキャッチ

この記事では「ウラトオモテ」の全話ネタバレを紹介しています!

結婚して2年、不仲ではないが妻に夜の営みを拒否されるようになった。

もっと仲良く、そしていい夫になることでまた繋がりたい…と考えていたのに…。

ウラトオモテですが、購入する前に中身を知っておきたいですよね。

ということで、この記事ではウラトオモテ全話ネタバレをご紹介していきます。

\6/6まで1巻無料/

1話2話3巻
4巻
(完結)
2024年5月11日現在

ウラトオモテを無料で読む方法

目次

ウラトオモテのあらすじ

大好きなセフレがいる。
マッチングアプリで出会って、話も合って、身体の相性もばっちり。
でも、セフレ。
それ以上を求めてしまう前に、手を引かなければ。

だから、今夜は彼と会う最後だと決めて、家に来た。
そう思っていたはずなのに…。

引用元:コミックシーモア

ウラトオモテのネタバレ一覧

1話2話3巻
4巻
(完結)
2024年5月11日現在

\6/6まで1巻無料/

ウラトオモテネタバレ1話

1巻はコミックシーモアにて無料で配信中なので、ぜひこちらから本編をご確認ください!

ウラトオモテネタバレ2話

妻の朱莉の携帯に男からの着信があり、

「浮気してるんじゃないのか!?」

とつい口に出してしまったため、翌日もギスギスした雰囲気に…。

夫であり、主人公の健斗は翌日も気持ちを引きずったまま会社に行くことに。

「社長の娘、先輩のことチラチラみてませんでした〜?」

と後輩にどやされはしたが、無事に打ち合わせを終えた健斗は、街を歩く朱莉のような女性を見かける。

はっきりとは見えなかったが、男と歩いていたことに衝撃を受けて思わず追いかけていった。

結果、追いつくことはできなかったが、向かっていた方向の路地裏に走っていくと、そこはラブホ街だった…。

どんよりしてため息をついている健斗に同じ職場の女性が

「仕事のお悩みですか?」

と声をかけてくる。

まだ疑惑なのにも関わらず、妻が浮気しているかもしれないと話してしまう健斗。

慰謝料を取るためには証拠を集めないといけないという話を聞き、様子を見ることに決めた。

それからしばらくたち、朝食時にテレビで赤ちゃんについて放送されていたので、朱莉に子どものことを考えたいと伝える健斗。

朱莉は態度が悪く、またもやギスギスしてしまう。

健斗の中ではすでに朱莉の浮気は確実なものとなっていたので、

(なんで俺にはこんな態度なんだ?
あの男には笑顔を振り撒いていたのに…!)

とむしゃくしゃしてしまう。

健斗は相手にも伝わるように不機嫌丸出しで髪をかきむしり、ため息をつきながら会社に向かった。

一向に朱莉の浮気の証拠を掴めないでいたので、会社でもため息が出てしまう健斗。

またしても後輩に気を使われて話をした結果、ラブラブな後輩夫婦を家に招いてホームパーティーをしたら、新婚の時を思い出して朱莉とまた仲良くなれるのでは!?という話にまとまった。

その週末、ホームパーティーを決行!

後輩の奥さんがローストビーフなどの料理を持ってきたことに朱莉が違和感を覚え、

「今日は買ってきたものでホームパーティをしようってことだったよね…?」

と聞いてくるので、

「朱莉は家事で疲れているから、そっちで作ってきて欲しいってお願いしたんだ!
それを言ったら気を使うと思って…」

と答える健斗。

そのままホームパーティは進んでいき、朱莉が二人はラブラブでいいねと褒めたことを皮切りに、後輩からの朱莉への文句が続いていく。

「奥さん料理下手なんですよね?
先輩苦労してるって聞いてますよ

うちの妻は料理も上手だし、夜の生活も頑張ってくれてるんですよ!

奥さんもう少し頑張れないんですか?」

これを聞いた朱莉の矛先は健斗に向かう。

後輩夫婦を目の前にして、健斗も朱莉に思っていることをぶちまける。

「浮気だって我慢しようと思ったのに!!」

と健斗が叫んだ後、朱莉がバッグから複数枚の写真を取り出し、投げた。

そこには会社の女性社員と健斗が仲睦まじそうにしている映像が浮かび上がっていて…!?

ウラトオモテネタバレ3話

作成中

↓どっちが浮気をしているの!?答え合わせはこちらから…↓

ウラトオモテネタバレ4話(完結)

作成中

↓スッキリ伏線回収と結末はこちらから↓

ウラトオモテの感想

1話での違和感を見事にその後で回収してくれる作品です。

なんだかずっと気持ち悪さが残りますが、それはしっかり回収される、ここ最近で読んだ1番のどんでん返し作品でした!

4話完結の作品となっていますが、読後感もよく、うわこんなことしてたんだ!!

あの時こう思ってたのか…とリズムよく回収されていくので、ぜひ気になった方は最後まで読んでみてください。

目次